日本で最初に発行された切手・竜切手とそれに続く桜切手の価値はどれぐらいなのか。

使用済や偽造品の方が高値がつく場合もあるのだとか。

本記事では

竜切手、桜切手の豆知識的な事と4000万円の鑑定額が出た三枚の桜切手について取り上げています。

 

買取価格一覧表などはこちらに書いています。

小判切手・竜切手の価値や買取相場・明治~大正の普通切手

日本で最初の切手・竜切手

竜文切手

竜文切手48文~500文の4枚

左から銭四十八文、銭百文、銭二百文、銭五百文

頭文字に銭がついていますが、

竜文切手と呼ばれています。

竜切手の中の第一号、正真正銘の日本初の切手がこの竜文切手です。

目打ちと呼ばれる切り取り線がありません。

竜銭切手

竜銭切手の半銭~5銭の4枚組

左から半銭、壱銭、弐銭、五銭  1872年(明治5年)発行

次に発行されたのが、この竜銭切手。

日本初の目打ちつき切手でもあります。

なお、壱銭の竜銭切手は美品で150万もの買取値がつくとされています。

 

桜切手

桜切手・半銭、1銭、2銭、4銭

和紙、カナ無し

左から半銭、一銭、二銭、四銭

桜切手・和紙十、二十、三十銭

上に続く、

左から十銭、二十銭、三十銭

 

桜切手は他に【カナ入り】や洋紙など種類が多々あります。

竜切手も同じですが、

この時代の切手は1枚1枚職人による手彫りで発行されていたために、ほんの僅かな違いが色々ありまして、

マニア心をくすぐっています。

手彫り切手は明治5年頃から海外の印刷技術を取り入れたために廃止されました。

 

桜切手・なんでも鑑定団で驚愕の!?

なんでも鑑定団で4000万円の桜切手3種

画質が悪くて申し訳ないのですが、

4000万円の鑑定額がつきました(`・ω・´)

以下、引用です。

二十銭切手が2500万円、仮名の「ト」入りが650万円、同じく「チ」が850万円。

二十銭切手は日本切手の中でも、値段も珍しさも三本の指に入り、使用済み21枚だけが記録されている。この21枚の内、博物館が3か所、個人所有が8人、あとの何枚かは行方知れずとなっている。もし未使用で出たら1億円。茶色の一銭切手の方は、印刷された仮名が9種類あり、依頼品の「ト」「チ」以外の仮名は高いものでも十数万円、まず1万円出せば買える。「ト」と「チ」は今までに記録されているのが6枚ずつしかない。二十銭切手に勝るとも劣らない大珍品。

引用元:TV東京・公式

それにしてもおそろしい鑑定額ですよね。未使用品だったら1億円。。

桜切手には他にも超高額の切手が多くあります。

ありますが、

同じ桜切手でも数千円のモノもあれば最大1億円?の幅があるのですから、素人目での鑑定はかなりの難易度だと思います。

偽物も多いとの話なのでやっぱり無理!ですね笑

 

偽物【レプリカ】も多い?

偽物と書いてる文字のイラスト

高価な価値がつくモノならどんなものもそうかも知れませんが、

希少なプレミアム切手は非常に偽物も多いと言われています。

偽物の見分け方を少し勉強した事もあるのですが、まず【本物】を目にする事も難しい切手も多いですし、僕は諦めました(;´∀`)

中には偽物の方が価値がある切手もあるとされています。

 

使用済の方が高値?

使用済切手、未使用切手、どちらの方が高値とか言えないのも切手です。

使用済の方が希少で、消印がきれいだったりなどの理由から、

その切手を持っていることに価値があるとされるだけ高額になっていきます。

なので使用済の方が高値の切手も数多く存在しています。

 

まとめ

査定をお願いする業者やバイヤー(査定人)を見極めるほうが今の時代は簡単だと思います。

偽物を見分けるのも難しいのに加えて

偽物の方が価値が高い

使用済の方が高値が高い

の要素もあるのですからね。。

情報網と知識や経験が相当ないと価値を把握するのは厳しいです。

 

レプリカの見分け方や正確な価値を伝える事は困難ですが、

心から自信を持っておすすめできる買取専門店を紹介する事はできますし

買取の参考価格一覧表なども記載していますので、そちらの方も参考にしてもらえたら嬉しく思います(^^♪

 

 

あさがお横線のイラスト

切手の価値が
下がるその前に
無料査定
高く売れるかも♪

買取専門店キャッチフレーズ自作
切手の高価買取と評判のイイ買取専門店おすすめランキング