普通切手とはその名の通り「普通に使われている切手」です。

主に郵便料金の納付を主目的として発行された切手のことで、コンビニや郵便局で普段から購入している切手の事です。

 

発行初期の明治時代〜昭和30年頃までに作られた切手は希少でプレミアム価値が付いています。

簡単に言いますと、

同じ【普通切手】でも年季が入ってる古い普通切手は高値がついているって事ですね。

平成に発行された普通切手でもエラー印刷が発見されれば高額切手にもなりますので、要チェックです^^

単位が(銭)や(文)などの古い切手の相場はこちらになります。

小判切手・竜切手の価値や買取相場・明治~大正の普通切手

 

普通切手の買取相場は?

エラー印刷でもなく、希少価値のない普通の切手は

バラ切手50円未満は50%  50円以上のものは60%〜70%

シート売却で85%〜95%が相場です。

※レートは日々変動しています。

メールやLINEで簡単査定

世の中便利な時代になったもので、メール1通で簡単な査定をしてもらう事が可能です。

下記に買取相場一覧表を書かせてもらいましたが、中には相場の変動が大きい切手もありますしメールで査定、当サイトでも更に相場の確認をするのが1番イイですね(^^♪

ホント簡単で素晴らしいサービスです

【オススメ】切手の買取価格が1番高い専門店をランキングで紹介

 

プレミアム普通切手の買取相場は?

昭和時代発行のプレミアム切手相場一覧表

切手名称買取相場
第1次新昭和切手
清水寺  2円100円
梅花  10円1000円
梅花模様100円3000円
金魚 5円300円
洞水の能面50円4500円
第2次新昭和切手
北斎 落雁図4円 200円200円
捕鯨 5円300円
らでん模様10円800円
能面 50円3000円
梅花模様100円3500円
第3次新昭和切手 らでん模様10円800円
産業図案切手
炭坑夫 5円2,000円
電気炉 100円23,000円
機関車製造 500円21,000円

機関車製造500円

機関車製造500円切手。

未使用で美品だと5万円近くの値がつく事もあるみたいです。

昭和すかしなし切手
農婦 2円100円
印刷女工6円200円
落雁図 4円1,000円
炭坑夫 8円1,200円
捕鯨 3円1,500円
植林 20円2,500円
電気炉100円18,000円
郵便配達 30円21,000円
第1次動植物国宝切手
平等院鳳凰堂 24円1,200円
姫路城 14円1,500円
弥勒菩薩像50円4,000円
第2次動植物国宝切手
平等院鳳凰堂 30円1,100円
第3次動植物国宝切手
風神 90円1,000円
第2次動植物国宝図案切手
やつ橋蒔絵 500円3,000円
鵜飼 100円1,000円
観音菩薩像
コイル切手 10円400円
国宝小型シート
平等院鳳凰堂24円1,200円
姫路城 14円2,100円
弥勒菩薩像 50円5,000円

 

お持ちの切手は一覧表にありましたでしょうか?

※注意点

切手の種類は膨大で上記の表はほんの一部です。

※上記でも述べましたがレートは日々変動していまして、あくまで1つの目安としてとらえて貰えると助かります。

状態が悪いともちろん買取価格も下がりますし、もし印刷エラーなどがあるなら更に大幅にプレミアム価格が付く可能性もあります。

相場の変動

年々趣味の多様化が進んだりなどの理由から切手コレクターの数が減少していまして、それに伴い国内切手の価値が減少傾向にあると言います。

切手の売却はお早めに!

っとおっしゃる業者さんは多いのですが、正しいかのかもと最近は特に思います。寂しいですけどね。

無料見積もりをしてもらい、手元に置いておくか売却してしまうかは見積もりしてもらってから考えるのが、賢いのかも知れないです。

 

 

 

あさがお横線のイラスト

切手の価値が
下がるその前に
無料査定
高く売れるかも♪

買取専門店キャッチフレーズ自作
切手の高価買取と評判のイイ買取専門店おすすめランキング